個人事業主や自営業者にはビジネスローンがオススメです

最近はインターネット取引が発展し、ネットショップのみで営業しているお店もたくさんあります。
従業員もほとんど雇わず無店舗なのであまり営業費用はかかりませんが、仕入れなどには費用がかかり時にはお金を借りる必要が生じるケースもあるでしょう。
しかし個人事業主や自営業者は、カードローンをなかなか利用できません。
なぜならお金の使途は自由とされていますが、但し書きで事業用資金には使えないと書かれているケースがほとんどだからです。

ですから個人事業主や自営業者は、事業用資金に使えるビジネスローンを利用することになります。
消費者金融では事業用にも使える場合が多いのですが、総量規制のために年収の3分の1までしか借りられず、巨額な運転資金が必要な場合には足りないでしょう。
また消費者金融にもビジネスローンを設けているところもあり、総量規制は適用されないので、利用するならこちらの方がいいです。

ビジネスローンは、取り扱う金融機関によって融資額が変わってきます。例えば銀行では5000万円~1億円、信販会社では300万円~1000万円、消費者金融では300万円~500万円です。
もちろん融資額が大きくなるにつれて審査が厳しくなることは間違いないです。
ですから信販会社の扱うビジネスローンが一番常識的で、利用しやすいです。

消費者金融の店頭窓口で申し込みをするメリット

消費者金融は自動契約機かネットで申し込むのが主流となっていますが、中には店頭窓口で申し込みをする人もいます。消費者金融の店頭窓口は住んでいる場所の周辺にあるとは限りませんし営業日が平日のみなので土日祝日は申し込みをする事が出来ません。デメリットになってしまう点が多いイメージがある店頭窓口での申し込みですが、メリットになる点もあります。そこで消費者金融の店頭窓口で申し込みをするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・不明な点をスタッフに直接質問する事が出来る

消費者金融の店頭窓口にはスタッフがいるので申し込みをしている時に不明な点が出てきたらすぐに質問する事が出来ます。スタッフも丁寧に教えてくれるのでスムーズに申込手続きをする事が出来ます。またいろいろなアドバイスをしてもらう事も出来るので申し込む時の安心感があります。

・記入ミスをしてもすぐ修正する事が出来る

ネットで申し込みをする時は審査を受けている時点で記入ミスをしているのが分かる事が多いので手続きに手間がかかってしまう事が出来ます。しかし店頭窓口で申し込みをして記入ミスをした時はスタッフが教えてくれるのですぐに修正する事が可能です。それにより手続きもスムーズに出来るので早くお金を借りられます。

キャッシングのための本人確認は

融資を受けるときにはどんな場合でも本人確認をすることになります。しかし、それは最初だけであり、キャッシングサービスでも最初に審査をするときに本人確認書類などを出して、コピーされて確認されて終わりになります。

その後、再度の提出を求められることは絶対にない、ということはないですが基本的にはほぼないと思ってよいでしょう。つまりは、最初に出せばそれで済むわけです。今では多くのキャッシングサービスが自動契約機などから行うことになります。

或いはインターネット上で手続きを進めることになるでしょうが、そのときに本人として確認できる書類を見せることになります。それは具体的にどんなものであるのか、といえば一番よいのは運転免許証になります。顔写真もありますし、住所もしっかりとあります。

免許証の番号を控えられたり、コピーをとられることになりますが大した問題ではないです。他にも有効的な書類がありますが、それでもコピーはとられることになりますから、気にしないことです。

とにかくその手の書類はキャッシングサービスを利用する時には必須になりますから、キチンと用意しておくようにしましょう。即日融資などを期待しているのであればなおさらです。