キャッシングは勤務先が大手、中小はあまり関係無い!

銀行や消費者金融からキャッシングをする際、スコアリングによる審査があります。この審査では、中小企業に比べて大手企業の方が評価は上です。ですが、大手だからといって契約出来るものではなく、規模が小さい企業だからといって不安に考える必要はありません。大手企業といっても、収入が高くても、会社の経営状況の影響は有り得ます。3年間の収支が不安定な場合、その影響は社員の月収や賞与に跳ね返ってくるため、収入面で不安定と判断される可能性はあります。一方で、中小企業でも経営状況が安定し、収入も継続的に安定が見込まれる方が有利になります。

キャッシング契約を検討する際は、自身の勤務先についても状況をしっかりと把握することが重要であり、大手企業だからといって安心しきらないことが肝心です。また、銀行カードローンの場合、勤務先が得意先として利用する銀行ほど、会社の経営状況を把握していることもあります。特に、キャッシングに関係が無いように感じる住宅ローンの審査が通過し難い場合は、慎重な申し込みが必要です。住宅ローンは抵当権が銀行にあるため、万が一、全額回収出来ないというリスクは低くなっています。そのため、キャッシングの方が融資リスクが高くなりがちなため、保証委託先がグループ会社ほど申し込みは避けた方が無難です。

キャッシングの増額申込みは会社からの信用が第一

さすがに初めての契約直後は無理なケースが圧倒的に多いものですが、その後の返済が滞り無く全て完了し、会社からの信用が安定して得られる様になれば、その後に借入限度額の増額申込みが出来る様になります。

増額申込みには自分から申し込むパターンと、会社側から電話やメールにて連絡が入り、増額申込みの誘いがあるパターンの2つがあります。余程の事が無い限り、借入限度額の増額への要望は自らの欲求やニーズから発生しますから、大抵は前者のパターンとなる事が多いものです。

同じ会社への借入限度額の増額申込みは、その後の借入れや返済を引き続き一本化出来るというメリットがあるのですが、その代わり増額申込みに関しての再審査を受ける必要が出てきます。

また必要書類を再び揃える面倒さもある事から、それらの手間を煩わせない為に他社のキャッシングに別途申し込むという手もありでしょう。