消費者金融のキャッシングなどを利用する際の注意点

消費者金融のキャッシングは手軽にお金を借りられるサービスというのは皆さんもご存知の通りですが、必ずしも自分の借りたいとお思っている金額のすべてを借りられるというわけではない点には注意が必要です。その理由は、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠などを利用しての借り入れに関しては総量規制の対象となっているからです。

そのため、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠などを利用しての借り入れに際してはおおよそ年収の三分の一までの紺額までしかお金を借り入れることができないまま理になっています。もしも、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借り入れる際には、その点について注意が必要です。

消費者金融のキャッシングは総量規制による借入限度額に注意を

消費者金融のキャッシングでは総量規制の影響によって年収の三分の一までという借入限度額が設定されることになります。そのため、あまり年収の多くはない人が消費者金融のキャッシングを利用した場合、総量規制による借入限度額があることによって自分の借りたいと思っている金額を用立てられないときがあります。そのため、自分の年収の三分の一を超過するような金額を借り入れたいという場合には総量規制対象外のサービスを利用する必要があります。

総量規制対象外のサービスならば、自分の年収の三分の一を超過する金額の借入希望であっても審査次第では借りることができるからです。総量規制対象外のサービスとしては銀行のカードローンがありますので、総量規制による借入限度額が心配だというときにはカードローンの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

カードローンのキャッシングとの比較

カードローンとキャッシングとは、同じお金を借りることです。

ですが、キャッシングはクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることです。

カードローンは、借入専用のカードでお金を借りる方法となります。

もしお金を借りるなら、クレジットカードでキャッシングするよりカードローンの方がおススメポイントがあります。

それは、クレジットカードだと年会費がありますが、ローン専用のカードにはありません。

そして、同じお金を借りるにしてもキャッシングよりカードローンの方が金利が低いのです。

普段持ち歩くクレジットカードでお金を借りられるのは安心感はありますが、前もってお金を借りる事が分かっているならカードローンの方がお得な場合が多いのです。

クレジットカードのキャッシング枠はあくまでオマケのようなものだと考えた方が良いでしょう。