食費の節約は削るだけでは心がもたない!

節約というとまず食費を削る事から始めますよね。衣食住で1番大切なはずの食なのですがあまりにも当然に普段摂取しているからか、とにかく削る削ると躍起になって食事をおろそかになっていませんか?何も毎日豪華に栄養バランスになんてする事ないです。というかそんな事家庭で決めたらギチギチになってしまいストレスが溜まる一方です。

そこでストレスを出来るだけためない食費の節約方法に関して紹介しますね。

まずは安売りのお店のはしごはやめた方がいいです。若干安くなるのでお得感はあるかもしれませんが、はしごの時点で体力や車だとガソリン消費しますよね。そして店を分けてしまうと殆どの店で取り入れられているポイントのサービスなどが分散してしまい溜まるのが遅くなってしまいます。それなら1か所か2か所くらいの店で手堅く買い物した方が効率がいいです。

次に旬の食材を出来るだけ買いましょう。今は年中大抵の食材が手に入りますがやはり旬の物は栄養が元から高いので料理方法を考えずにすみます。そして赤・黄・緑の色のバランスを考えましょう。赤なら人参・トマト、黄なら芋、レモン、緑なら野菜と色覚的に考えると店でもおつかいしやすいですよ。

あとは1食で万能栄養食品を取り入れる事。例えば卵やヨーグルト、納豆は低価格で火を通さずにそのまま使用できるのでとても気持ちが楽になりますよ。これらの方法ならストレスなく節約出来るのではないでしょうか。

キャッシング先は十分比較してから申し込みしよう

キャッシング先への申込みは、十分比較してから行わなければ本来通過出来る審査に落ちてしまう危険があります。なぜなら、個人信用情報機関へ申込み履歴が常に登録されていて半年間は保管されるので、審査が厳しいカードローンへ申し込みして玉砕した後には審査落ちリスクが高くなるからです。

審査が厳しいカードローンほど低金利融資を受けられるメリットがありますが、個人が持つ与信力が低い状態ならば多少金利は高くても審査に通過することを優先する必要があります。一度借入と返済を行った上で利用可能枠を保持した状態のまま、借り換え目的で別の審査が厳しいカードローンへ申し込むといった方法ならばリスクが殆ど無い状態で申し込み可能です。