主婦も困った時はキャッシングを利用してみよう

世間では家計の管理は妻に任せているという夫婦も多いのではないでしょうか。また、仕事をしている兼業主婦の中には、生活費等は夫のお給料でまかない、自分の給料は全て自分のお小遣いという、羨ましい主婦の方もいるようです。その反面、あまり多いとは言えない夫の給料で必死にやり繰りをしている専業主婦の方も大勢います。

働きに出ればいいという意見もありますが、子育ての方針や健康状態等様々な事情が各家庭にはあるものです。そういった家庭の主婦の中には、どうしても家計が苦しくキャッシングやカードローンを利用してしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

日々節約をし、きちんと貯蓄をしていても突然の出費等が重なりどうしてもお金が必要になることもあります。そして、家計を任されている責任感から夫に相談出来ないという人もいるでしょう。夫以外にも信頼できる友人や家族がいたとしても、お金の相談というのはしにくいものですし、仮にお金を貸してくれたとしてもそれが原因で今までの関係がおかしくなってしまう可能性もあります。そうなると、やはり頼れるのはキャッシングになります。

主婦の場合は夫の収入や持ち家かなどが審査対象になる為、審査が通らない事もありますが、大手総合スーパーなどのカードは主婦でも審査は通る事が殆どです。もちろん多重債務者であれば難しくはありますが、そうでない場合は問題ないでしょう。融資する側も専業主婦に対しては利用枠を少なく設定する事が多いので、使いすぎる心配もありません。ただ、借金はあくまで借金です。

夫のお給料内できちんと返済し、本当に困った時にだけ利用するようにしましょう。そうすれば、キャッシングは専業主婦の方でも、頼れる強い味方になるでしょう。

無利息キャッシングでお得に借りれた

給料日までどうしてもお金が足りなくて、それでもなんとか生活をしていたのですが、そのときに学生時代の担任の教師が亡くなったと一報を受けとりました。地元から離れていたので、葬儀に行くだけでもお金はかかるし、喪服なども持っていなかったため、準備しなくてはならない。行くのを止めようかと思いましたが、いろいろなことを相談に乗ってくれた恩師なだけに行かないわけにもいかず、どうにかお金を工面するためにカードローンを利用することにしました。

あのとき、カードローンの無利息を知らなかったら利用していなかったと思いますし、更に即日融資が出来ていなかったら、恩師の葬儀に顔を出すことは出来ませんでした。本当に感謝しています。

私が利用したのは、初めてカードローンを利用する人は期日内に返済したら無利息で借りることが出来るという消費者金融です。審査はとても簡単で、即日に融資の審査が降りました。限度額は十万円とそのまで高額ではなかったのですが、恩師の葬儀に行くのには十分な額だったので、念のため限度額ギリギリをカードローンで利用して、無事に恩師の葬儀に間に合わせることが出来ました。

十万円融資を受けて、結局使ったのは半分ほどでしたので、余った分は給料日まで保管しておいて、給料日に全額返済をしました。おかげで本当に無利息でカードローンを利用することが出来たのです。

スムーズに即日融資が受けられる人とは?

キャッシングサービスの中には、最短10分で審査をしてくれたりなど非常にスピーディーに借り入れまで進めることが出来るものもあります。申し込みをしたその日に現金を手にすることが出来る即日融資もとても頼りになる存在です。
ただし、審査の内容などは申込者の状況に応じて違いが出て来ることもありますので、審査が最短何分で終わると書いてあっても、もう少し時間がかかるケースもあるのです。

中でも、特にスムーズに即日融資のキャッシングサービスを利用できると考えられる人は、信用情報にマイナスが無いという人が第一です。たとえば、今までキャッシングを利用したことがあり、その際に支払いの延滞や不足が度々生じていたりすると審査にスムーズに通らなくなってしまいます。ただし、キャッシングをした経験があっても延滞することなくきちんと返済をしているのであれば問題はありません。

キャッシングをしたことがあったり、今現在も借り入れ分が残っており返済を続けているとなると、それだけでマイナスになってしまうのでは?と考えて申込時に正しい情報を書かずに隠してしまおうと考える方もいるのですが、逆に虚偽の情報を書いてしまうことがマイナスになるので気をつけましょう。

アルバイトでのキャッシング体験

ネットでアルバイトでもお金を借りれるかを検索するとできなかったという口コミ記事と誰でも借りられますという宣伝広告の両方が出てきてなかなか判断がつかないと思います。実際のところアルバイトでもキャッシングは可能なのでしょうか。

結論から言うとアルバイトか正社員かで借りれる借りれないの判断が大きく変わることは考えにくいです。むしろ安定的な収入があるかどうかが、問題でアルバイトでも長期にわたって働いている人とつい先日正社員として雇ってもらったという人ならば前者のほうがキャッシングできる可能性は高いです。もちろん後者でも借りれないというわけではないですが、両者の借り入れ条件、つまり利息や限度額という部分では前者のほうが有利な条件になりやすいでしょう。

キャッシングをする人は年々横ばいから減るくらいの傾向であり、金融機関としても顧客取り込みには必死です。正社員の雇用があるか否かではなく、借りたらしっかり返せるかさえ明確ならば貸出には応じてくれるようになりました。一昔前は正社員でなければ無理だというのは半ば常識だったかもしれませんが、今はそうではなさそうです。まずはアルバイトの方も消費者金融なとに問い合わせてみると良いでしょう。

本人確認がないキャッシングってあるの?

最近本人確認なしのキャッシングという文面をネット上でよく見かける事があります。
お金を借りる際に、本当に本人確認なしでキャッシングが出来るなんて事はあるのでしょうか。

実際に調べてみると、キャッシングの際には本人確認が必須という事が分かりました。
少し考えれば分かりますが、身元がハッキリしない人に対してお金を貸すというリスクがある事柄を金融業者だってする訳がありません。

そんな本人確認はどのように行われるのかというと、健康保険証やパスポートなどの本人確認証明書の提出が必要となります。
こうした本人確認証明書の写しを郵送したり、写真を撮りパソコンやスマホで送信します。

そしてその後、自分が指定した電話番号に業者から本人確認の電話連絡があるというのが通常の流れです。
この場合の電話線は、自宅ではなく個人の携帯でも問題ありません。

ネット上の本人確認なしのキャッシングとは、よく読むと本人確認ではなく在籍確認の事だということが分かります。

すなわちキャッシングをする際には、書類と電話による本人確認は必須だと考えておいた方が良いでしょう。
中には電話による本人確認を別の方法で行っている金融業者もありますが、それにも条件がありますし本人確認の書類の提出は必要となります。