非正規雇用者でも安心なキャッシングやカードローン

一般的にはアルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用の人は収入が安定していないという認識がされています。たしかに非正規雇用として働いていると会社側の都合で休みが増えたり、突然解雇をされてしまう可能性が正社員よりも高く、収入が安定していないという部分もあります。

そのため、銀行でローンを組んでお金を借りたいという場合、収入が安定していない非正規雇用者ということで審査に落とされてしまう可能性が高い傾向にあるのは事実です。しかし、非正規雇用者として働いている人にお金を借りる手段が全くないというわけではありません。

たとえば消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンといったサービスでは、アルバイトやパート、派遣社員として働いている人でも融資が可能になっており、過去に金融事故を起こしていないなどの

ほかの条件面さえクリアしているのであれば非正規雇用者として働いている人でも問題なくお金を借りることができます。もしも、非正規雇用者として働いていることを理由に銀行のローンを断られてしまったという人は、アルバイトやパート、派遣社員でも融資をしてくれる消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

消費者金融のおまとめローンを利用すると…

消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外という扱いなので、年収の1/3を超える借り入れもできる借金の完済を目指す為のローンです。ただし、このローンは他社からの借り換えが前提になるので、原則的に総量規制が適用される借り入れの借り換えにのみ利用することができます。

また、いくら総量規制が絡まない契約になるとは言っても、どこかでこのおまとめローンを組んだ後はその会社はもちろん、他社も利用できなくなると考えてください。まとめた金額が総量規制の範囲内に収まる程度の比較的少額だった場合は別ですが、総量規制を超えていたり、近い金額までのローンを組んだ時には追加での借り入れはまずできなくなります。

それは、元々おまとめローンとはそれまでに重ねてしまった借り入れを完済する為に用意されているローンだからです。これを組んだ後に更に借金をしてしまっては完済どころではありません。おまとめローンは今後は完済だけを目指す人が利用するローンだと言えるので、まだ借りる予定がある場合には利用するべきではありません。

おまとめローンを組むと、それまでより金利が下がることが多いです。ですが、それを目当てに組んでしまった為に、追加での借り入れができなくなって困ってしまうことになる可能性があります。消費者金融のおまとめローンはもう借金をしないと決めてから利用するものだということです。

自営業でも借入れに対するハードルが低いキャッシング

会社勤めや現在仕事に就いていない主婦と比べれば、自営業の人はキャッシングをする上で審査に対するハードルはかなり低く、借り入れに掛かる精神的な負担も軽くて済むというメリットがあります。

会社員の場合、本人確認あるいは収入を証明する為に源泉徴収票を始めとした証明書の提出が求められたり、あるいは記載した会社に本人が勤めているかどうか確認する、いわゆる在籍確認の電話を掛ける必要が出てきます。

その分周囲にキャッシングを申し込んだという事実がバレるリスクも出てくるのですが、自営業の場合、事業主が自分自身ですから自分の住所を記載しさえすればそれで証明OKとなるケースが多く、周囲にバレるリスクもかなり低くなります。

またカードローン業者によっては一定の借入額以下の場合、自営業であれば上記の様な収入証明が一切不要、というパターンも多く、適切な業者選びにより更にキャッシングを楽にする事が出来るのです。

ちなみに収入証明不要の場合に借入れ可能な金額の目安として、1回の契約につき最大50万円前後と覚えておくと良いでしょう。

ただ個人の信用を守る為にも、たとえ自営業であっても証明書への虚偽の記載は厳禁。特に融資に重要となる前年度の年収あるいは勤続年数等のデータはきっちりと調べ、素直に記入する事が鉄則です。

銀行系カードローンのメリット

銀行からお金を借りるというと住宅ローンか事業資金、というのはもはや大昔の感覚で、今では消費者金融と同じように、保証人なし・担保なしで借りられるカードローン(いわゆるキャッシング)のサービスを行っています。

大手消費者金融と比べると審査が厳しめ、審査に時間がかかるので、すぐに借りたい人には不向き、というデメリットがありますが、銀行のカードローンには様々なメリットがあります。何よりも大きなメリットは、金利の低さ。消費者金融のカードローンの金利上限が約18%なのに対し、銀行系のカードローンは1~3%低めに設定されている場合が多くなっています。

カードローンでは借入金額等の条件によって金利が変わってきますが、多くの場合、上限金利が適用される場合が多いので、長期に渡って借りるような時は、1%の差が大きな負担になってきます。また、借入限度額が高めに設定されているのも特徴です。消費者金融では、総量規制によって年収の3分の1以上の金額を借りることができないので、高額融資を希望する場合は銀行が頼りになってきます。

ほとんどの銀行では、口座を持っていなくてもカードローンを利用できるようになっていますが、既に口座を持っている銀行に申し込むと、提出書類が少なくて済む等の利便性もあります。銀行のカードローンを検討する場合は、まず、既に口座を持っている銀行をチェックしてみるのもよいでしょう。