生活保護でキャッシングを受けることはできるのか?

病気などで働けないなどといった一定の要件を満たすと、生活保護を受けることができます。

生活保護を受けていると、生活のための扶助を受けることができますが、生活保護の状態で借金をすることはまずできません。

なぜなら、生活保護は収入がないという状況でありますから、まず返済能力がないと判断されます。

生活保護ではいる収入というのはあくまで保護するための支給金であって、安定した収入という風にみられません。

もし、借り入れができるといったことがある場合には違法業者である可能性が非常に高いです。

しっかりと正規業者であるかどうかを見分ける必要がかなり高く、業者と相対するようなことはしてはいけません。

そういったことをしっかりと踏まえておきましょう。

カードローンの申し込みをする時に本人確認書類と収入証明書として適用される書類は?

カードローンの申し込みをする時は必要書類を提出するので準備しておかなければいけません。必要書類は本人確認書類と収入証明書になりますが、どのような書類が適用されるのか確認していきましょう。

本人確認書類は基本的に身分証明が目的なので運転免許証が適用されます。運転免許証は持っていない人もいるので健康保険証やパスポートも本人確認書類として適用されます。本人確認書類の期限が切れていない事を確認してから提出する必要があります。収入証明書は実際に安定した収入を得ているかを確認するのが目的なので源泉徴収票、確定申告書、最新2ヶ月分の給与明細書などが適用されます。収入証明書は多額の借り入れをする時に提出を求められるのでしっかり準備しておきましょう。