基本的な限度額いっぱいまで借りられるとは限りません

基本的な限度額とは原則的に年収の三分の一と言われています。それを超える借入はできない決まりです。例えば年収100万円なら約30万円といったように年収に応じた借入額が審査の時に設定されます。これは返済能力の問題で、それ以上借り入れすると返済が滞ってしまう恐れがあるからです。これを踏まえてまずは限度額を設定しましょう。

しかし、年収の三分の一をきっかり借りられるかとうえばそうではありません。自分の身分やアルバイトか正社員かによって変わってきます。そして、この限度額は各社でも変わってきます。どこの会社とはこの場では言及しませんが、私が学生だったときの経験をお話します。私はそれなりのにアルバイトに精をだしており、年扶養を外れるギリギリの100万円ほどを年に稼いでいました。貯金もせずに遊んで散財をしていた私ですが、ある日に自動車免許を取りにいこうと思い立ちました。しかし、恥ずかしながらも貯金をまったくしていなかった私は自動車学校に入校できるお金もなくキャッシングをすることを決意。30万円近くのお金が必要で、ある会社の審査を受けましたが借り入れ可能額は10万円と通告されました。そんな馬鹿な…と思い他会社の審査を受けたところ、こちらは25万円まで可能でした。もちろん25万円の会社のほうで借り入れて自動車学校に入校しました。

このように各社で審査のラインなどが変わってきます。このようなことを起きないようにするためには源泉徴収票が必要になることと思います。勤め先で伝えれば簡単に手に入るものなので、不安のある方は準備をしておいて損はありません。

自分に合った借入と返済ができる会社を選びましょう。

学生のキャッシングは申込み条件を確認する所から始める

大学生であっても親からの仕送り額が多いとは限らず、キャッシングが必要となるシーンが出てきます。学生であってもアルバイトを定期的に行っていれば、カードローンの申込みが出来そうですが、未成年者に対して貸し付けを行なう貸金業者はほとんどありません。なぜなら、未成年者が行なう法律行為には、親権者の同意が無ければ後から取り消し可能だからです。奨学金を借りる時には、親権者の同意があるので問題ありませんが、カードローンは使い道が自由に設定されているので、浪費に使われる可能性があります。

未成年者に対して貸し付けを行っている貸金業者は、銀行には無く一部の中小消費者金融に限り、地域限定で行われている現状です。中小消費者金融は、大手消費者金融とは異なり地域密着型の営業を行わないと、貸付残高が減り続けてしまいがちです。未成年者であっても、地域内の大学に通学していることを前提とすれば、いざという時に督促活動を行いやすいので、比較的楽に回収が出来ます。法定金利の上限かつ利用限度額を低く設定することで、未成年者に対する貸し付けが万が一焦げついたとしても、リスク管理のみで乗り切れると判断した上で、貸し付けが行われているわけです。学生がキャッシング先を選ぶ際には、貸付条件をよく確認した上で利用する必要があります。

アコムなら楽天銀行の口座があると便利です

消費者金融の中でもアコムに申し込む際には、楽天銀行の口座を持っていると便利です。専用ローンカードを発行して持っていれば、24時間いつでも提携ATM経由で借入が出来ますが、提携ATMは利用手数料が108円~270円かかる点に注意しなければなりません。楽天銀行の口座があれば、24時間振込融資に対応しているので、ハッピープログラムに登録してランクがプレミアム以上ならば一定回数振込や引き出しを無料で行えます。

アコムの振込融資は、一般銀行に対しても行えますが、24時間振込融資が即反映される楽天銀行ならば、便利に感じるでしょう。返済時にもインターネット返済に対応しているので、手数料を気にせず返済が可能です。金利が一定であれば、返済方法が複数用意されている消費者金融からのキャッシングを選ぶとお得です。

アコムの初回申込み最大30日利息無料キャンペーンを利用すれば、最大30日ですが利息を節約出来ます。自動契約機コーナーでのローンカード受け取りにも対応しているので、申込みから借入までの手軽さと返済方法の多様さを考慮すれば、アコムのキャッシング申込みを選択肢に入れておくと良いでしょう。インターネット経由の申込みならば、24時間いつでも可能です。

自動契約機からお申込みできるレイク

テレビコマーシャルでもお馴染みのレイクは新生銀行のカードローンです。

以前は消費者金融が運営していたのですが新生銀行へと譲渡されました。

大手消費者金融では自動契約機を全国様々な場所に設置していますが、レイクでは自動契約機ごと譲渡されていると言った特徴があります。

そのため最寄りのレイク自動契約機から新生銀行のカードローン、レイクにお申込みすることが可能です。

消費者金融は貸金業者なので総量規制の対象です。

総量規制では個人の方が貸金業者から借入出来るのは原則年収の3分の1までと定められています。

新生銀行は銀行業なので総量規制の対象外です。

総量規制を気にすることなくカードローンへお申込みすることが可能です。

新生フィナンシャルが保証会社となっており保証人不要でお申し込みができます。

それには新生フィナンシャルの保証が受けられることが条件です。

もし返済を何か月も滞納されるとレイクから新生フィナンシャルへと債権者が移りますので注意して下さい。

新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時の注意点

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類の無利息サービスがあるので適用の対象となる初めて利用する人がよく利用しています。無利息サービスが適用となると無利息でお金を借りる事が出来るので大きなメリットになります。新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時は振込キャッシング、レイクATM、提携ATMを利用する事になりますが、注意点について見ていく事にしましょう。

・振込キャッシングを利用して即日融資を受ける時は平日14時までに手続きをする事が条件

振込キャッシングは融資の依頼をして指定の口座に振り込んでもらう借入方法で受付は24時間対応していますが、即日融資を受ける時は銀行の営業時間内に振込をしてもらわなければいけないので銀行の営業時間が終了する平日15時の1時間前の14時までに手続きを完了させるのが条件となります。

・ATMを利用する時は提携ATMの方が便利

ATMを利用する時はレイクATMか提携ATMになります。他の金融業者だと提携ATMを利用すると手数料が発生しますが、新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時は提携ATMを利用しても手数料が無料です。レイクATMも手数料は無料ですが、提携ATMはコンビニに設置されていてすぐ見つける事が出来るので提携ATMを利用した方が便利です。

そのキャッシングの返済はしやすいですか?

キャッシングの利用で一番重要なのが返済についてですが、返済はしやすさは意外と重要な部分になります。大手の消費者金融では、様々な返済方法の中から選ぶことができるので、初めて利用する場合や返済のしやすさで選びたい場合はおすすめです。キャッシングの返済の手間を少しでも減らしたい場合は、ネットバンキングや、コンビニのATMが利用できる業者を選びたいものです。ネットバンキングの場合は、返済する際の手数料を0にできる消費者金融もあるので、契約をする前に確認しておきましょう。また提携しているコンビニのATMは、大手の消費者金融の場合はほとんどが対応しています。

中小の消費者金融の場合は、このような返済方法を選ぶことができない場合もあるので注意しましょう。返済方法を多くの中から選べるという事は、返済がしやすい事に繋がります。返済が面倒な場合は返済が遅れてしまったり滞納に繋がるケースもあるので、なるべく返済がしやすい消費者金融を選んで利用するようにしましょう。ATMで返済する際に気をつけるポイントとしては手数料があります。利息とは別に手数料を支払うのは、かなり損をしてしまうので、忙しい場合などの緊急事態だけに限定するなどの工夫も必要になるでしょう。

学生でもキャッシングを行うことはできるか

お金が今すぐ欲しいという場合学生でもキャッシングを行うことができるのかとても気になります。20歳以上でアルバイトを行なっている人に限り承認され受け入れを行うには免許証などの身分がわかるものを提示します。アルバイトを行なっておらず毎月決まった収入源が得られない場合会社側に承認されるのは難しい限りです。なお貸してもらうお金の金額も社会人と比べると少額であることもわかります。家賃が今月払うのが厳しかったり、まとまったお金が必要という場合に利用するのが好まれます。身内や親にもばれにくいので、安心して借りられることができます。

会社によっては短期間まで利息なしの所もあるので、比較をとった上で自分にあったものを選ぶことが大切です。保証人も必要なく自分一人の力で借りられるので、周りに迷惑をかけることもありません。キャッシング会社へ出向かなければいけないということでもなく、スマートフォンやパソコンから気軽に申し込むことができる為、短時間で借りられることもできます。周りの目を気にすることなく気軽に借りられる為もしものために安心できます。借りたものは返さなければならないので期限を決め、無理ないご返済を心掛けることも大切です。