スムーズに即日融資が受けられる人とは?

キャッシングサービスの中には、最短10分で審査をしてくれたりなど非常にスピーディーに借り入れまで進めることが出来るものもあります。申し込みをしたその日に現金を手にすることが出来る即日融資もとても頼りになる存在です。
ただし、審査の内容などは申込者の状況に応じて違いが出て来ることもありますので、審査が最短何分で終わると書いてあっても、もう少し時間がかかるケースもあるのです。

中でも、特にスムーズに即日融資のキャッシングサービスを利用できると考えられる人は、信用情報にマイナスが無いという人が第一です。たとえば、今までキャッシングを利用したことがあり、その際に支払いの延滞や不足が度々生じていたりすると審査にスムーズに通らなくなってしまいます。ただし、キャッシングをした経験があっても延滞することなくきちんと返済をしているのであれば問題はありません。

キャッシングをしたことがあったり、今現在も借り入れ分が残っており返済を続けているとなると、それだけでマイナスになってしまうのでは?と考えて申込時に正しい情報を書かずに隠してしまおうと考える方もいるのですが、逆に虚偽の情報を書いてしまうことがマイナスになるので気をつけましょう。

アルバイトでのキャッシング体験

ネットでアルバイトでもお金を借りれるかを検索するとできなかったという口コミ記事と誰でも借りられますという宣伝広告の両方が出てきてなかなか判断がつかないと思います。実際のところアルバイトでもキャッシングは可能なのでしょうか。

結論から言うとアルバイトか正社員かで借りれる借りれないの判断が大きく変わることは考えにくいです。むしろ安定的な収入があるかどうかが、問題でアルバイトでも長期にわたって働いている人とつい先日正社員として雇ってもらったという人ならば前者のほうがキャッシングできる可能性は高いです。もちろん後者でも借りれないというわけではないですが、両者の借り入れ条件、つまり利息や限度額という部分では前者のほうが有利な条件になりやすいでしょう。

キャッシングをする人は年々横ばいから減るくらいの傾向であり、金融機関としても顧客取り込みには必死です。正社員の雇用があるか否かではなく、借りたらしっかり返せるかさえ明確ならば貸出には応じてくれるようになりました。一昔前は正社員でなければ無理だというのは半ば常識だったかもしれませんが、今はそうではなさそうです。まずはアルバイトの方も消費者金融なとに問い合わせてみると良いでしょう。

本人確認がないキャッシングってあるの?

最近本人確認なしのキャッシングという文面をネット上でよく見かける事があります。
お金を借りる際に、本当に本人確認なしでキャッシングが出来るなんて事はあるのでしょうか。

実際に調べてみると、キャッシングの際には本人確認が必須という事が分かりました。
少し考えれば分かりますが、身元がハッキリしない人に対してお金を貸すというリスクがある事柄を金融業者だってする訳がありません。

そんな本人確認はどのように行われるのかというと、健康保険証やパスポートなどの本人確認証明書の提出が必要となります。
こうした本人確認証明書の写しを郵送したり、写真を撮りパソコンやスマホで送信します。

そしてその後、自分が指定した電話番号に業者から本人確認の電話連絡があるというのが通常の流れです。
この場合の電話線は、自宅ではなく個人の携帯でも問題ありません。

ネット上の本人確認なしのキャッシングとは、よく読むと本人確認ではなく在籍確認の事だということが分かります。

すなわちキャッシングをする際には、書類と電話による本人確認は必須だと考えておいた方が良いでしょう。
中には電話による本人確認を別の方法で行っている金融業者もありますが、それにも条件がありますし本人確認の書類の提出は必要となります。

限度額が高く設定されているのになぜ?アコムで少額融資になる3つの理由

アコムは限度額が最大800万円までとなっているので多額の借り入れをする事が出来る消費者金融だと思っている人も多いです。多額の借り入れを希望してアコムにキャッシングの申し込みをする人もいますが、少額融資になってしまう事もあります。そこでアコムにキャッシングの申し込みをして少額融資になるのはどのような理由が考えられるのか見ていく事にしましょう。

・年収が低い

アコムは月に1回以上の収入を得ていれば審査に可決されますが、総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それで年収が低いと総量規制に抵触してしまうので少額融資になってしまいます。

・雇用形態がアルバイト

アルバイトは職種によって年収が高い場合もありますが、正社員に比べると信用性が低いので少額融資になってしまう事が多いです。

・勤続年数が半年未満

正社員でも人によって勤続年数が異なります。アコムの審査では勤続年数をしっかり確認して長いと信用度も高くなるので限度額も多くなります。しかし勤続年数が半年未満だと信用度が低くなるので少額融資になってしまう事が多いです。

アコムにキャッシングの申し込みをして少額融資になってしまうのはこのような理由が考えられるので該当している人は注意しましょう。

おまとめローンとは一体どのようなものなの?

皆さんも一度は「おまとめローン」と言う言葉を耳にした事はありませんでしょうか?おまとめローンとは一体何をまとめたローンなのでしょうか?今回はそのおまとめローンとはどのようなものなのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。

おまとめローンとはキャッシングやカードローンを利用して複数の業者からの借金をした際に、借り換えを行うことによってその借金を一本化する方法のことを指します。複数の消費者金融や銀行から借金をしており、返済の管理が大変であると言う方に非常に良い方法であるのです。どうしても返済先を一本化したいと言う方や、返済の管理を簡単にしたいと言う方にはこのおまとめローンは非常に便利であると言えます。

実は学生でも便利にキャッシングできてしまう!

突然ですがあなたは、学生がキャッシングでお金を借りることができると言うことをご存知でしょうか?学生は安定した給与がないことから、または身分的にもキャッシングを行うことができないのではないかと思う方も多くいるとは思いますが、実は学生でもキャッシングを行うことができるのです。

消費者金融や銀行などによって学生のキャッシングを行える条件は様々ではあると思いますが、キャッシングを行うことができる条件として20歳以上でかつバイトなどで収入を得ることができている学生に対してキャッシングを行っても良いと考えられているのです。キャッシングを行う金額が大きすぎると審査が通らないかもしれませんが、少額のキャッシングであれば学生でも審査が通ることがあります。もし覚醒でキャッシングを行いたいと考えている方は、ぜひ利用を検討してみると良いでしょう。

賃貸でも住んでいるところで審査が変わる?

賃貸物件は基本的に持家に比べると、審査の際にマイナスになりやすいのではありますが、じつは賃貸物件によっては審査にも影響がでます。

賃貸物件がパートであるのと比べると、マンションであるほうが基本的には審査の際に有利になります。

資力的な面で、マンションの方が値段が高い傾向があり、マンション(特に高級なところであればあるほど)に住めるということは、それなりに返済能力があるだろうという風に判断されます。

勿論、マンションに住んでいるからといって必ずしも優位になるわけではありませんが、(収入と比べると支出が大きそうと判断されればまいます材料にもなるため)

審査の際には有利になりやすいケースとなることを覚えておくといいでしょう。