限度額が高く設定されているのになぜ?アコムで少額融資になる3つの理由

アコムは限度額が最大800万円までとなっているので多額の借り入れをする事が出来る消費者金融だと思っている人も多いです。多額の借り入れを希望してアコムにキャッシングの申し込みをする人もいますが、少額融資になってしまう事もあります。そこでアコムにキャッシングの申し込みをして少額融資になるのはどのような理由が考えられるのか見ていく事にしましょう。

・年収が低い

アコムは月に1回以上の収入を得ていれば審査に可決されますが、総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それで年収が低いと総量規制に抵触してしまうので少額融資になってしまいます。

・雇用形態がアルバイト

アルバイトは職種によって年収が高い場合もありますが、正社員に比べると信用性が低いので少額融資になってしまう事が多いです。

・勤続年数が半年未満

正社員でも人によって勤続年数が異なります。アコムの審査では勤続年数をしっかり確認して長いと信用度も高くなるので限度額も多くなります。しかし勤続年数が半年未満だと信用度が低くなるので少額融資になってしまう事が多いです。

アコムにキャッシングの申し込みをして少額融資になってしまうのはこのような理由が考えられるので該当している人は注意しましょう。

おまとめローンとは一体どのようなものなの?

皆さんも一度は「おまとめローン」と言う言葉を耳にした事はありませんでしょうか?おまとめローンとは一体何をまとめたローンなのでしょうか?今回はそのおまとめローンとはどのようなものなのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。

おまとめローンとはキャッシングやカードローンを利用して複数の業者からの借金をした際に、借り換えを行うことによってその借金を一本化する方法のことを指します。複数の消費者金融や銀行から借金をしており、返済の管理が大変であると言う方に非常に良い方法であるのです。どうしても返済先を一本化したいと言う方や、返済の管理を簡単にしたいと言う方にはこのおまとめローンは非常に便利であると言えます。

実は学生でも便利にキャッシングできてしまう!

突然ですがあなたは、学生がキャッシングでお金を借りることができると言うことをご存知でしょうか?学生は安定した給与がないことから、または身分的にもキャッシングを行うことができないのではないかと思う方も多くいるとは思いますが、実は学生でもキャッシングを行うことができるのです。

消費者金融や銀行などによって学生のキャッシングを行える条件は様々ではあると思いますが、キャッシングを行うことができる条件として20歳以上でかつバイトなどで収入を得ることができている学生に対してキャッシングを行っても良いと考えられているのです。キャッシングを行う金額が大きすぎると審査が通らないかもしれませんが、少額のキャッシングであれば学生でも審査が通ることがあります。もし覚醒でキャッシングを行いたいと考えている方は、ぜひ利用を検討してみると良いでしょう。

賃貸でも住んでいるところで審査が変わる?

賃貸物件は基本的に持家に比べると、審査の際にマイナスになりやすいのではありますが、じつは賃貸物件によっては審査にも影響がでます。

賃貸物件がパートであるのと比べると、マンションであるほうが基本的には審査の際に有利になります。

資力的な面で、マンションの方が値段が高い傾向があり、マンション(特に高級なところであればあるほど)に住めるということは、それなりに返済能力があるだろうという風に判断されます。

勿論、マンションに住んでいるからといって必ずしも優位になるわけではありませんが、(収入と比べると支出が大きそうと判断されればまいます材料にもなるため)

審査の際には有利になりやすいケースとなることを覚えておくといいでしょう。

レイクALSAではカードを作っておくだけというのも可能

レイクALSAの利用を考えてはいるが、今すぐお金を用意しないといけないわけではないというケースもあるはずです。

いずれ利用する可能性が考えられるけど、すぐには利用しないと思われるときにはカードを作っておくだけということも可能なので知っておいてほしいです。

カードだけを作って、お金を借りる必要がないということであれば、本当にお金が必要になったときにすぐに借り入れができます。

資金需要ができたときに迅速にお金が手に入れば、それは大きなメリットになりますから、そういった状況を想定したうえでレイクALSAにてカードだけ作っておくというのはおすすめの手段になります。

それが可能な会社ということで、レイクALSAの魅力を頭に入れておきましょう。

キャッシングの本人確認で外にいることが多い人の注意点

キャッシングでは本人確認をして、申込者がきちんと会社で働いているか?をチェックすることになりますが、それがしづらい人もいます。

それは普段は外に出ていることが多い人で、営業をやっている人などはそのケースが多いと思います。

営業をやっていると、オフィスにいて電話に出られる可能性が低くなります。

だから、そういった働き方をしている人は事前に対策をしていかないといけないのです。

外にいる時間が多い人はキャッシング会社が電話をかけてきたときにオフィスにいなくて、電話に出ることができない可能性があるので、前もって時間を指定しておきましょう。

自分がオフィスにいる時間を確認して、その時間に本人確認をしてほしいと言っておけば、それは対応してもらえるはずです。

外にいる時間が長い人はそういった注意を頭に入れてながら、キャッシングを利用していきましょう。

キャッシング先は十分比較してから申し込みしよう

キャッシング先への申込みは、十分比較してから行わなければ本来通過出来る審査に落ちてしまう危険があります。なぜなら、個人信用情報機関へ申込み履歴が常に登録されていて半年間は保管されるので、審査が厳しいカードローンへ申し込みして玉砕した後には審査落ちリスクが高くなるからです。

審査が厳しいカードローンほど低金利融資を受けられるメリットがありますが、個人が持つ与信力が低い状態ならば多少金利は高くても審査に通過することを優先する必要があります。一度借入と返済を行った上で利用可能枠を保持した状態のまま、借り換え目的で別の審査が厳しいカードローンへ申し込むといった方法ならばリスクが殆ど無い状態で申し込み可能です。