ネットバンキングならではの強みを生かした楽天ローン

銀行カードローンを利用する場合にはその銀行に口座を作るなど事前に条件が必要になる場合もあります。

しかしすべてがこのような条件が必要な銀行というわけではなく、ネット銀行の大手として有名な楽天銀行は他行の口座しか持っていなくても楽天銀行のローンを利用することができるのです。

さらに店舗を持たないネット銀行ならではの強みを生かし、スマホやパソコンさえあればいつでもどこでも申し込める仕組みを作っているほか、コンビニのATM手数料を無料にすることで専用のATMを持たないという不利を補っています。

楽天銀行が取り扱っている「楽天銀行スーパーローン」では定期的にキャンペーンを実施しており、期間限定で金利がお得になるプランなどネット銀行ならではのフットワークの軽さでさまざまな企画を行なっているところも魅力です。

また楽天銀行は当然、銀行という位置づけであるため消費者金融のように総量規制の対象でもないため、収入が少ない方でも申し込みができないということはありません。

融資限度額も800万円までと他の銀行と比べても遜色のない限度額であり、大きな買い物や借り換えなどを考えている方でも十分検討に値する銀行といえます。

消費者金融の即日融資に申し込む場合の注意点

消費者金融カードローンに申し込んだ理由として、「急に現金が必要になったから」という事情が多いようです。即日融資を希望する場合、銀行のカードローンは審査に時間がかかる傾向があるため、審査がスピーディな消費者金融に申し込む人が多くなっているのです。

即日融資を希望する場合には、いくつか注意点があります。

まず、少しでも早い時間に申し込むこと。大手の消費者金融では、来店不要・スマホやパソコンで手続きが完了するWEB申し込みを行っていますが、指定の銀行に口座を持っていること、会社が発行する健康保険証を持っていること等の条件があり、利用できない人もいます。その場合は、自動契約機に出向いてローンカードを受け取ることになりますが、言うまでもなく、自動契約機の稼働時間に間に合わなければ、その日のうちに現金を手にすることはできません。

また、万が一審査に落ちてしまった場合に備えて、複数の消費者金融に申し込むのはNGです。消費者金融の審査では、他社への申し込みがあったかどうかもチェックされます。複数の金融機関に同時に申し込んでいると、1社だけでは足りないほど多額の借り入れが必要なのかと疑われ、信用度が下がってしまいます。

即日融資を希望する場合は、ここぞと思う消費者金融のコールセンターに、何時までに申し込む必要があるのか、必要書類は何か等確かめてから申し込む方が確実です。

アルバイトのキャッシングの利用とは

アルバイトでもキャッシングは利用することができますから、それは心配することはないです。具体的にいいますとアルバイトでも収入があるからです。ですから、キャッシングサービスを利用することができるようにはなっています。それは法律的に可能、という意味であり、当たり前ですが絶対に貸してもらうことができる、ということではありませんから、その点は注意しておきましょう。

銀行系であれば総量規制がないですから、それこそ無職でも可能性としてはあるのですがそれは実行可能性があるのか、といえばそれもまた違うことになります。大事になってくることは自分の収入とそして年齢になります。アルバイトといっても18歳では駄目です。

あくまで20歳以上になってから、ということになりますから、これはしっかりと覚えておくようにしましょう。しかし、この点がクリアされているのであればそれこそ大学生でも専門学校生であろうと特に問題があることではない、ということになります。キャッシングの限度額はそんなに高くないでしょうが、それでも十分に借りることができる可能性がありますし、金額としても問題ないレベルになることでしょう。それは期待できることになります。

クレジットカードのキャッシング機能のメリット

クレジットカードのキャッシング機能は、現金がいざという時に必要な際に便利です。普段、クレジットカードを利用していると現金の手持ちが無い場合があります。カードが使えない店舗なども多く存在するため、もし現金の手持ちが無い時でも安心出来ます。現金のキャッシングもコンビニなどのATMでも行う事が出来るため急いでいる時もすぐに対応出来るメリットがあります。クレジットカードのキャッシングの場合は、利用出来る金額の上限が審査で決められます。使い過ぎが心配な方は、この上限を引き下げておけば使い過ぎる事なく安心して利用出来ます。

無理のない利用を心掛ければ安全で便利な機能となっています。私自身も普段、クレジットカードを買い物などでメインに使用しています。その為、自分の財布に現金が入っている事が少ないです。外出先のお店で現金が使えない場合にキャッシング機能を利用しています。現金支払いの際に困った場合にキャッシング機能は非常に助かります。返済については、一括返済とリボルビング返済が選択出来ます。一括は、翌月のカードの利用額と一緒に返済出来ますし、リボルビング返済の場合は手数料が必要ですが分割して返済する事が可能です。

借入先が多い人はおまとめローンを利用しましょう

給料日前で財布の中身が少ないときは、消費者金融や銀行のカードローンを利用することで乗り切っているというOLやサラリーマンは珍しくありません。繁華街に行けばどのビルにも店舗があるほど、消費者金融は数が多いので、つい色んな会社から借りてしまう人もあるようです。これが2社程度ならそれほど混乱しないのですが、3社以上もの会社から借りると、返済がややこしくなってしまいます。なぜなら会社によってそれぞれ返済期日が違うので、まだ大丈夫だろうと勘違いして、返済が遅れることがあるためです。

消費者金融への返済が遅れると、ペナルティとして遅延損害金が発生し、本来は支払わなくても良いはずの返済金が増えるので損をしてしまいます。複数の会社から借りていると遅延損害金が発生しやすくなるだけでなく、現在の借金の総額もわかり辛くなります。返済しやすい状態にしたい人にはおまとめローンがおすすめなので、なかなか完済できないとお悩みの方は、思い切って複数の借金をひとつにまとめるようにしましょう。

低金利の銀行や信用金庫などの銀行系でおまとめローンを行うと、これまでよりも支払う金額を減らせる可能性があります。担当者に尋ねれば、いつでもおまとめローンの相談に応じてくれるので、借入先が多くて返済がスムーズにいかない人は検討してみてください。

キャッシングは勤務先が大手、中小はあまり関係無い!

銀行や消費者金融からキャッシングをする際、スコアリングによる審査があります。この審査では、中小企業に比べて大手企業の方が評価は上です。ですが、大手だからといって契約出来るものではなく、規模が小さい企業だからといって不安に考える必要はありません。大手企業といっても、収入が高くても、会社の経営状況の影響は有り得ます。3年間の収支が不安定な場合、その影響は社員の月収や賞与に跳ね返ってくるため、収入面で不安定と判断される可能性はあります。一方で、中小企業でも経営状況が安定し、収入も継続的に安定が見込まれる方が有利になります。

キャッシング契約を検討する際は、自身の勤務先についても状況をしっかりと把握することが重要であり、大手企業だからといって安心しきらないことが肝心です。また、銀行カードローンの場合、勤務先が得意先として利用する銀行ほど、会社の経営状況を把握していることもあります。特に、キャッシングに関係が無いように感じる住宅ローンの審査が通過し難い場合は、慎重な申し込みが必要です。住宅ローンは抵当権が銀行にあるため、万が一、全額回収出来ないというリスクは低くなっています。そのため、キャッシングの方が融資リスクが高くなりがちなため、保証委託先がグループ会社ほど申し込みは避けた方が無難です。

キャッシングの増額申込みは会社からの信用が第一

さすがに初めての契約直後は無理なケースが圧倒的に多いものですが、その後の返済が滞り無く全て完了し、会社からの信用が安定して得られる様になれば、その後に借入限度額の増額申込みが出来る様になります。

増額申込みには自分から申し込むパターンと、会社側から電話やメールにて連絡が入り、増額申込みの誘いがあるパターンの2つがあります。余程の事が無い限り、借入限度額の増額への要望は自らの欲求やニーズから発生しますから、大抵は前者のパターンとなる事が多いものです。

同じ会社への借入限度額の増額申込みは、その後の借入れや返済を引き続き一本化出来るというメリットがあるのですが、その代わり増額申込みに関しての再審査を受ける必要が出てきます。

また必要書類を再び揃える面倒さもある事から、それらの手間を煩わせない為に他社のキャッシングに別途申し込むという手もありでしょう。