仕事のある主婦と専業主婦のキャッシング

主婦には専業主婦の方と、社員やパート、アルバイトなどで収入の主婦の方がいらっしゃる事かと思います。どちらの主婦の方もカードローンでキャッシングができますが、やはり収入がある方とない方では、少し扱いが異なってきます。

というのも、専業主婦の方の場合には銀行系のほんの一部のカードローンでしか借入はできず、また借入金額も30万円か高くても50万円までの事が多いです。借入をする時には配偶者の同意と収入証明などが必要となります。

一方で収入のある主婦の方は、どこのカードローンであっても申込みの資格はあります。審査に通るかはその人次第ではあるものの、専業主婦の方のように配偶者の同意であったり収入証明は必要ではなく、自分の身一つでキャッシングができると言えるでしょう。

このように収入がある主婦の方と専業主婦の方では、キャッシングはどうにかできるものの少し違いがあるという事は覚えておいて損はないのではないでしょうか。

主婦でもキャッシングはできるのか

主婦は家計をやりくりして非常に大変な思いをしていることでしょう。出来れば一時的にでもよいからお金を借りて家計がピンチのときに使いたい、と考える人も多いです。そんなときに役に立つのがキャッシングサービスなわけですが、主婦といっても状況次第では借りることは可能です。一つは銀行系であることです。銀行系のキャッシングサービスであれば収入がない主婦でも貸すことは不可能ではないですから、可能性はゼロではないです。しかし、明確に専業主婦は駄目、としているところもありますから、これは避けましょう。

もう一つの貸金業者ならばどうだ、といいますとこちらはパートでもなんでもよいから収入があれば可能性はあります。それこそパート主婦であれば数十万円から100万円くらいは稼いでいることがあるでしょう。そうした人にはかなりの確率で貸してもらうことができるでしょう。主婦でもその人の状況によって十分にキャッシングサービスを利用することができるといえるでしょう。後はあまり多くはないのですが配偶者貸付、という方法もあります。総量規制に引っかかる場合でも配偶者の収入を含めて与信をしてよい、という制度もありますから、それも狙いましょう。