キャッシングを申込みして感じたこと、気をつけようと思ったこと

引越しをするときにまとまったお金が必要で、どうしても手元にあるお金では間に合わなかったため、ショッピングのみで利用していたカード会社に申請してキャッシングの枠をつけていただきましました。

全て合わせて15万円くらい必要だったので20万円の借り入れをして、審査が通るとすぐにメールが届き、ATMから現金を出すことができました。

まず始めにわざわ店舗まで出向いて借りる必要が無く、近くのコンビニから借りることができたのが良かったです。

支払いの際に、分割払いができたところも余裕がないうちは助かりました。ただ分割払いにするとその都度200〜300円の手数料がかかり、その上別の振込手数料などを含めると500円くらいになります。それは少し痛手に感じました。

もう1つ私が借りていたカード会社は支払い期間が過ぎると店舗まで出向いて支払わなければならなく、家から遠かったので支払いに間に合わないときは大変でした。

今ではコンビニから支払えるように改善され、問題は解消されましたが、どのようにして支払いするかは毎月の事なので重要だと思います。

返せる見込みがない金額は絶対に借りない方がいいと思います。1年、2年と分割でも後々響きます。

審査がさえ通れば気軽に借りられるのですが、やはり利子や手数料で借りた金額よりも返すお金の方が増えます。それをきちんとわきまえて上手く利用してください。

学生のキャッシングは申込み条件を確認する所から始める

大学生であっても親からの仕送り額が多いとは限らず、キャッシングが必要となるシーンが出てきます。学生であってもアルバイトを定期的に行っていれば、カードローンの申込みが出来そうですが、未成年者に対して貸し付けを行なう貸金業者はほとんどありません。なぜなら、未成年者が行なう法律行為には、親権者の同意が無ければ後から取り消し可能だからです。奨学金を借りる時には、親権者の同意があるので問題ありませんが、カードローンは使い道が自由に設定されているので、浪費に使われる可能性があります。

未成年者に対して貸し付けを行っている貸金業者は、銀行には無く一部の中小消費者金融に限り、地域限定で行われている現状です。中小消費者金融は、大手消費者金融とは異なり地域密着型の営業を行わないと、貸付残高が減り続けてしまいがちです。未成年者であっても、地域内の大学に通学していることを前提とすれば、いざという時に督促活動を行いやすいので、比較的楽に回収が出来ます。法定金利の上限かつ利用限度額を低く設定することで、未成年者に対する貸し付けが万が一焦げついたとしても、リスク管理のみで乗り切れると判断した上で、貸し付けが行われているわけです。学生がキャッシング先を選ぶ際には、貸付条件をよく確認した上で利用する必要があります。