自動契約機の中はどうなっているの?

キャッシングの自動契約機の中は、キャッシングの契約をするための設備がひととおりそろっています。

自動契約機の中にはまずタッチパネル式の機械が置いてあることが多く、画面を指でタッチして申し込みの情報などを入力します。

アイフルのようにタッチパネル式の機械が置いていないタイプの契約ルームもあります。

自動契約機の中にはインターフォンのような受話器が設置されていてキャッシング会社の審査の担当者に質問があるときはインターフォンで呼び出しをすれば会話をすることができます。

自動契約機の中にはカメラが設置されていてこちらの映像は審査の担当者から見られています。

自動契約機の中で申し込みの操作をすると審査が開始されますので、審査結果を待ちます。

担当者から質問などがあればそれに答えつつ審査結果を待てば、しばらくすれば合格か不合格か伝えてもらえます。

自動契約機の中にはスキャナーのようなものがあり必要書類をその場で提出することができます。

カード発行機もありますので審査に合格できればその場ですぐにカードが発行されます。

キャッシング会社のATMも一緒に設置されていることが多いのですぐにお金を借りることができます。

急いで借入れをしたいときは自動契約機が便利です。

自動契約機からお申込みできるレイク

テレビコマーシャルでもお馴染みのレイクは新生銀行のカードローンです。

以前は消費者金融が運営していたのですが新生銀行へと譲渡されました。

大手消費者金融では自動契約機を全国様々な場所に設置していますが、レイクでは自動契約機ごと譲渡されていると言った特徴があります。

そのため最寄りのレイク自動契約機から新生銀行のカードローン、レイクにお申込みすることが可能です。

消費者金融は貸金業者なので総量規制の対象です。

総量規制では個人の方が貸金業者から借入出来るのは原則年収の3分の1までと定められています。

新生銀行は銀行業なので総量規制の対象外です。

総量規制を気にすることなくカードローンへお申込みすることが可能です。

新生フィナンシャルが保証会社となっており保証人不要でお申し込みができます。

それには新生フィナンシャルの保証が受けられることが条件です。

もし返済を何か月も滞納されるとレイクから新生フィナンシャルへと債権者が移りますので注意して下さい。