基本的な限度額いっぱいまで借りられるとは限りません

基本的な限度額とは原則的に年収の三分の一と言われています。それを超える借入はできない決まりです。例えば年収100万円なら約30万円といったように年収に応じた借入額が審査の時に設定されます。これは返済能力の問題で、それ以上借り入れすると返済が滞ってしまう恐れがあるからです。これを踏まえてまずは限度額を設定しましょう。

しかし、年収の三分の一をきっかり借りられるかとうえばそうではありません。自分の身分やアルバイトか正社員かによって変わってきます。そして、この限度額は各社でも変わってきます。どこの会社とはこの場では言及しませんが、私が学生だったときの経験をお話します。私はそれなりのにアルバイトに精をだしており、年扶養を外れるギリギリの100万円ほどを年に稼いでいました。貯金もせずに遊んで散財をしていた私ですが、ある日に自動車免許を取りにいこうと思い立ちました。しかし、恥ずかしながらも貯金をまったくしていなかった私は自動車学校に入校できるお金もなくキャッシングをすることを決意。30万円近くのお金が必要で、ある会社の審査を受けましたが借り入れ可能額は10万円と通告されました。そんな馬鹿な…と思い他会社の審査を受けたところ、こちらは25万円まで可能でした。もちろん25万円の会社のほうで借り入れて自動車学校に入校しました。

このように各社で審査のラインなどが変わってきます。このようなことを起きないようにするためには源泉徴収票が必要になることと思います。勤め先で伝えれば簡単に手に入るものなので、不安のある方は準備をしておいて損はありません。

自分に合った借入と返済ができる会社を選びましょう。