キャッシングでは利率の低さと審査通過率のどちらを優先するかも考えましょう

キャッシング会社を選ぶ時に、多くの人が気にするポイントが利率が低いかどうかです。

ですが消費者金融でも銀行系でも、利率の高さは審査の通りやすさにも直結しています。

例えば消費者金融は利率が18%で月ごとの新規成約率が46%前後を推移する会社が多いですが、最高利率が18%を下回るキャッシング会社では、成約率が45%を上回る月は年に1回歩かないか程度です。

特に銀行系カードローンは会社ごとの最高利率が大きく違うので、成約率が会社によって10%以上違うことも珍しくありません。

キャッシングをするなら利息は抑えたいのが心情ですが、審査に落ちて成約できなければ利率が低くても意味がないので、利率の低さか審査の通りやすさか、どちらを優先するべきかは考える必要があります。